現代の占いの役目

現在の日本では、経済的にも成熟した豊かな国になり、機械化も進み大変便利になりました。また、ネットなどの普及により自分の欲しい情報が瞬時にいくつも得ることができることは、私たちの生活に情報という豊かさを与えてくれています。

しかし、豊富な情報から、人との交流も簡単にできるようになった反面、生活や仕事、人間関係からくる悩みや心の問題は年々多くなっているのではないでしょうか。その便利に流れてくる情報の中に、喜びや楽しさだけでなく、多くの不安や悲しみ、恐怖を与えるものがあり、そして、それらの不安や恐怖を避け、安心を得るために、簡単に周りの情報に翻弄され、ゆだねてしまい、自分自身の心や感覚を大切にすることを、忘れてしまってはいないでしょうか。

占いは、その心や感覚を大切にするために、日本だけでなく、世界的にみてもいろいろな民族が太古より自然への信仰と、人智の及ばないものを神として信仰し、天からの声を゙占い゙というものを通して、紀元前の昔からいつの時代にも政治、国家責任者や権力者と言われた人たちだけでなく、人々の生活にとって繁栄と平安を願う背景には、欠かすことが出来ない愛されていたものだったのではないでしょうか。

これだけ便利になった今でも、暦や行事、多くの人々の人生での大切な決断や、また悩んだ時の道しるべには、多くの占術が役に立っていることは、事実です。

第1に、占いを通して、例えば、起業や契約ごと、家の新築や移動など行って良い時期や避けた方が良い時期や、注意した方が良いことなどを、占いを通じて確認することができる

第2に、ご自分の、本来持って生まれた才能や、得意なことに気づかせてくれる役目をする。

第3に、占いは、人とのコミュニケーションを図る上でのツールの役目をする
(゙占いができる゙゙占いを勉強してる゙ということで、普段あまり親しくない人とでも、コミュニケーションをとるきっかけになる)

第4に、占いは、その人の性格や得意なこと、苦手な部分を知ることができるので、仕事の上での人選や人事配置、相手とどのように付き合っていけば良いかなど、人間関係において大きな役割りを果たすことができる。

占いは、時代や環境の変化の中で将来に対する準備と、自分自身や周りのことを客観的に見ることができ、ご自分の運命やその理由を知ることで、未来を予想したり、また時には、人間の智慧でも解決が難しい時、ご自分の心の在り方や人生に変化をもたらせることができ、幸せな人生、開運への道しるべになります。

占いを学習することによって、人生においての悟りを感じることでしょう。

日本で最初の占術動画講座は 2007年 6月 大阪市で撮影を開始、2008年 10月から全国を対象にインターネット配信を始める。
2010年 8月株式会社大稀を設立、本格的な受講生募集を始める。

日本占い動画学習センターの誕生の背景には、下記のような日本での占い教室のシステムを改善、補うためである。

日本の大部分の占術教室の学習システムを分析した結果、趣味あるいはプロを目的に占術を学ぶために多くの時間と、少なくない授業料(1回 1時間 6,000円~10,000円×月1~2回×12ヶ月~36ヶ月+交通費など )を支払うケースが多く、月2~3回の学習で 3年を学習した場合、果してどの位のレベルに到逹することができるのか、 という疑問が残る。

大多数の占術の学習者が感じる、共通の問題点は、過多な受講料に対する負担と長期間の学習に比べて、習得することができる占術内容が少なく、占いの教室の時間帯が昼間のみのところが多く、占いを習いたいが時間的に難しいということである。
また、周りについていくことが出来ず、学習を途中であきらめてしまう人が多いことも現実である。
10年学習しても鑑定が出来ないという声も少なくない。

インターネットを通じた動画講座はまさに、安い費用(教室の授業料の 約30%)、短い期間(努力によっては 6ヶ月~1年)で個人差はあるが、学習することができる。

日本占い動画学習センターのインターネット講座の魅力は、安い受講料、時間や場所に関係なく、インターネット(Wifi)が繋がる環境なら、パソコン またはスマートフォンで学習が可能であり、いつでもどこでもご自分の都合とペースで 24時間学習が可能であり、わからないところは何回でも繰り返し学ぶことができる。

占いの学習は決して難しいものではありません。 情熱さえあれば誰もが可能です。
占術によりますが、約 6ヶ月~1年くらい学習すれば、あなたの将来の人生が全く違ったものになり、豊かな人生の選択ができる手助けになることでしょう。